サイトトップ お問い合わせ kusurigsk.jpサイトマップ
グラクソ・スミスクライン株式会社
kusurigsk.jp
くすりの使い方
  セレベント ディスクへラー  
   
    喘息コントロールテスト(ACT)(12歳以上用)  
    小児喘息コントロールテスト(4-11歳用)  
kusurigsk.jpトップページ  >  セレベント ディスクへラー  >  ディスクへラーの使い方
 

ディスクへラーの使い方

 
 ディスカスの吸入方法

  • PDF版のダウンロードはこちら

    動画を見る777KAcrobat Readerのダウンロード

 
1.

カバーをはずします。

フタ側を上にしてカバーをはずし、吸入口が汚れていないことを確かめます。
 
2.

薬(ディスク)に穴をあけます。

吸入器をたいらに保ち、①フタを垂直になるまで立て、②再びフタを閉じます。この操作によりディスクの上面から下面まで針が貫通し、薬を吸入できる状態になります。
 
3.

息をはき出します。

吸入器をたいらに保ち、無理をしない程度に息をはき出します。

注)薬がこぼれないように、吸入器をたいらに保ってください。また、吸入器に向けて息をはかないでください。

 
4.

薬を吸い込みます。

たいらに保ったまま吸入口を軽くくわえます。その際、側面にある空気孔をふさがないようにしてください。強く深く「スーッ」と口から息を吸い込みます。その後、吸入器を口から離し、そのまま3〜4秒程度息を止め、その後ゆっくりと静かに息をはき、元の呼吸に戻してください。
※薬が吸入されるとわずかな甘みや粉の感覚を口の中に感じます。しかし、薬の量がごくわずかであるため、甘みを感じない(吸入感を得られない)場合もあります。また、体調などによって、甘みを感じない場合もあります。薬が吸入器に残るようであれば、1〜2回繰り返して薬を吸い込んでください。
 
5.

薬(ディスク)を回転させます。

吸入が終わったら、トレーを動かなくなるところまで引き出し、再び押し戻します。これによりディスクが回転し、次の吸入が可能になります。
吸入後は、のどや口の中に残っている薬を洗い流すために必ずうがいをしてください。
吸入器の掃除
注)掃除の際は、ディスク(薬)をはずしてください。
  • 1)吸入器本体からトレーをはずします。
  • 2)吸入口に付着した汚れはガーゼ等で拭きとります。
  • 3)トレーとカバーを元に戻します。
 

▲ページ最上部へ




ご利用上の注意

このページに掲載されている情報は、医療機関で弊社医療用医薬品の処方を受けた方に、医薬品についての一般的な情報や、適正にご使用いただくための情報を提供するものであり、医学的アドバイスを提供するものではありません。
医療に関する判断は、患者さんの特性を考慮し、医師と患者さんとの相談の上で行うものです。治療上の質問は、医師にご相談下さい。
このページに掲載されている情報は、日本国内に居住されている方のためのものです。
このページに掲載されている情報は、当社の医療用医薬品の処方を受けた方のためのものですので、リンクはお控え下さい。

RLAS-00248

ご利用条件    プライバシーポリシー    クッキーポリシー

グラクソ・スミスクラインへ
This site is intended for audiences in Japan. Copyrights (C) GlaxoSmithKline K.K. All rights reserved.