サイトトップ お問い合わせ kusurigsk.jpサイトマップ
グラクソ・スミスクライン株式会社
kusurigsk.jp
くすりの使い方

ベンリスタ

kusurigsk.jpトップページ  >  ベンリスタ  >  医療費助成制度をご存じですか?  >  難病に対する医療費助成制度って何?
 

医療費助成制度をご存じですか?難病法による医療費助成制度難病に対する医療費助成制度って何?

編集協力:
京都府立医科大学 医学部内科学教室 内分泌・免疫内科学部門
病院教授 川人 豊 先生

難病の患者さんに対して、医療費の助成を行う制度です

全身性エリテマトーデスは、難病法により「指定難病」とされているため、医療費の助成を受けることができます(2017年4月時点)。

負担上限を超えた部分が助成されます

難病法の医療費助成では、月の初めから月末までの1ヵ月の負担上限月額が定められ、負担上限月額を超えた部分に関して、助成(支給)されます。

◆負担上限月額(2017年4月時点)
階層区分 階層区分の基準 負担上限月額
一般 高額難病治療
継続者*2
人工呼吸器等
装着者
生活保護 0円 0円 0円
低所得 I 市町村民税
非課税
(世帯)
本人年収
〜80万円
2,500円 2,500円 1,000円
低所得 II 本人年収
80万円超〜
5,000円 5,000円
一般所得 I 市町村民税
課税以上7.1万円未満
(約160万円〜約370万円)*1
10,000円 5,000円
一般所得 II 市町村民税
7.1万円以上25.1万円未満
(約370万円〜約810万円)*1
20,000円 10,000円
上位所得 市町村民税
25.1万円以上
(約810万円〜)*1
30,000円 20,000円
入院時の食費 全額自己負担
  • *1 夫婦2人世帯の場合における年収の目安
  • *2 月ごとの医療費総額が5万円を超える月が年間6回以上ある人

通常、医療機関での窓口負担は、医療費総額の1〜3割となりますが、難病法の医療費助成(特定医療費の支給)では、患者さんの負担割合を2割(後期高齢者医療の一般所得者では1割)に下げており、負担上限月額に達しなくても、医療費総額の1割分が助成されることとなります。

◆自己負担のイメージ(負担上限月額か医療費の2割の低い方を自己負担)

 

自己負担額は上限額管理票で管理されます

複数の医療機関を利用する場合を考慮し、ひとりの患者さんの医療費が負担上限月額を超えないよう、医療受給者証と併せて、「自己負担上限額管理票」が交付されます。
指定医療機関*3を受診の際は、医療受給者証と健康保険証とともに、自己負担上限額管理票を窓口に提出します。
指定医療機関では、受診のたびに医療費の総額と患者さんの自己負担額、自己負担額の累積額を記入します。累積額が負担上限月額に達すると、その月はそれ以上の負担はありません。

◆自己負担上限額管理票イメージ

  • *3 医療費助成の対象となる医療は、都道府県が指定した指定医療機関で受けた医療のみです。指定医療機関については、都道府県のホームページなどでご確認ください。
▲ページ最上部へ
ご利用条件    プライバシーポリシー    クッキーポリシー

グラクソ・スミスクラインへ
This site is intended for audiences in Japan. Copyrights (C) GlaxoSmithKline K.K. All rights reserved.