サイトトップ お問い合わせ kusurigsk.jpサイトマップ
グラクソ・スミスクライン株式会社
kusurigsk.jp
くすりの使い方

ベンリスタ

kusurigsk.jpトップページ  >  ベンリスタ  >  SLEとは  >  SLEの治療
 

SLEの治療

編集協力:
北海道大学大学院医学研究院 免疫・代謝内科学教室(内科II)
准教授 保田 晋助先生

治療は主に薬物療法

SLEの症状は患者さんによって多岐にわたるため、治療方法は炎症の起きている臓器や、疾患活動性によって決められます。
疾患活動性がある場合、主に薬による治療を行います。薬物療法で効果がみられない場合または副作用が強く出てしまう場合は、他の治療法を試みることもあります。

主な薬剤

● 副腎皮質ステロイド

免疫の働きを抑える効果のある薬剤で、SLEの治療の中心として使用されています。専門医の指示のもとで、重症度に合わせて分量を調節しながら服用します。特に疾患活動性が高い人は、通常より多い量を点滴する「ステロイドパルス療法」という治療が行われることもあります。

● 免疫抑制剤

免疫細胞に作用して免疫抑制効果をもたらす薬剤です。副腎皮質ステロイドの効果が得られにくい人や副作用が強い人に使います。

● 生物学的製剤(抗体医薬品)*

自分自身を攻撃する抗体を作る細胞が生き残るために必要な物質の働きを阻害することで、疾患活動性を抑えます。

*: 生物から作られるタンパク質などを応用して薬として使用するものです。病気の発症や症状の悪化に関与していると考えられるタンパク質などの標的をピンポイントに狙い撃ちすることで効果を発揮します。

(参考)日常生活における工夫や気をつけること

日差しは避ける

日光(紫外線)は病気の悪化と関係することがあります。屋外で活動する時は日焼け止めを塗ったり、帽子や長袖の服を着るなどして、可能な限り影響を避けましょう。

疲労やストレスは大敵

日光と同じく、疲労やストレスも病状悪化につながる可能性があります。疲れすぎないよう、ストレスは適切に解消しましょう。

健康的な生活習慣を

心臓病や脳卒中などにつながる生活習慣病を避けるため、食生活のバランスに気を配り、健康的な体重の維持につとめましょう。また、ウォーキングや水泳などの運動は、体重のコントロールだけでなく関節の強化や気持ちのリフレッシュに有用です。主治医に相談のうえ、ぜひ取り入れてみましょう。

体調の変化に敏感になる

SLEの治療では、免疫システムを抑える薬を使用することもあるため、ウイルスや細菌から身を守る力も抑えられています。そのため、感染症にかかりやすく、かかった場合には重症化しやすくなっています。
うがい、手洗い、人混みでのマスク着用など、感染症にかからないよう、十分に注意しましょう。
また、発熱や痛み、皮疹の増加、頭痛やめまいなど、これまでなかった新しい症状に気がついたら、すぐ主治医に相談しましょう。また、生活のなかで、自分の病状の変化と関係しやすい要因がないか探してみてください。もし見つかったら、それらに気をつけて過ごしましょう。

▲ページ最上部へ
ご利用条件    プライバシーポリシー    クッキーポリシー

グラクソ・スミスクラインへ
This site is intended for audiences in Japan. Copyrights (C) GlaxoSmithKline K.K. All rights reserved.