サイトトップ お問い合わせ kusurigsk.jpサイトマップ
グラクソ・スミスクライン株式会社
kusurigsk.jp
くすりの使い方

ベンリスタ

kusurigsk.jpトップページ  >  ベンリスタ  >  ベンリスタについて  >  Q&A
 

Q&A

編集協力:
北海道大学大学院医学研究院 免疫・代謝内科学教室(内科II)
准教授 保田 晋助先生
A投与中は、ウイルスや細菌から身を守る力も弱くなるので、感染症にかからないよう、十分に注意しましょう。また生ワクチンの接種は行わないでください。妊娠が分かった場合には、すぐに主治医に連絡してください。
A忘れたことに気づいたら、主治医に連絡のうえ、できるだけすぐに注射をしてください。その後の注射は、最初に決めたスケジュールで行うか、またはその日から新たに1 週間間隔で注射を始めます。
A旅行のスケジュールを立てる際には、予め主治医に連絡し、投与日の調整等の対応について相談をしましょう。
ASLEは難病助成制度の「指定難病」のひとつです。所得条件に応じた医療費助成が受けられますので、詳しくは各都道府県の窓口にお問い合わせください。
▲ページ最上部へ
ご利用条件    プライバシーポリシー    クッキーポリシー

グラクソ・スミスクラインへ
This site is intended for audiences in Japan. Copyrights (C) GlaxoSmithKline K.K. All rights reserved.