サイトトップ お問い合わせ kusurigsk.jpサイトマップ
グラクソ・スミスクライン株式会社
kusurigsk.jp
くすりの使い方

ベンリスタ

kusurigsk.jpトップページ  >  ベンリスタ  >  ベンリスタについて  >  ベンリスタの投与方法
 

ベンリスタの投与方法

編集協力:
北海道大学大学院医学研究院 免疫・代謝内科学教室(内科II)
准教授 保田 晋助先生
  • ビデオによる解説(ベンリスタ 皮下注200mg オートインジェクター)

    動画を見る
  • PDF版(ベンリスタ 皮下注200mg オートインジェクター) のダウンロードはこちら

    PDF版のダウンロードはこちら675K)  Acrobat Readerのダウンロード
  • PDF版(ベンリスタ 皮下注200mg シリンジ) のダウンロードはこちら

    PDF版のダウンロードはこちら1,118K)  Acrobat Readerのダウンロード

投与方法は2種類

ベンリスタは、点滴静注製剤と、皮下注射製剤の2種類があります。
皮下注射は、患者さんの希望があり、医師の許可があれば、自宅での自己注射を選択することも可能です。

投与方法2種類

● 投与方法別メリット
点滴静注皮下注射(自己注射の場合)
・投与回数が少ない
・製剤管理などの自己管理の煩雑さが軽減される
・ライフスタイルに合わせて投与することができる
・通院にかかる時間を軽減できる

投与間隔

点滴静注

ベンリスタを点滴する時は、2回目は初回の2週間後となり、さらに2週間後に3回目の点滴をします。3回目以降は4週ごとに点滴します。
1回の点滴は1時間以上かけて行われます。

投与方法2種類

皮下注射

ベンリスタの皮下注射は、1週間ごとに行います。

投与方法2種類

▲ページ最上部へ
ご利用条件    プライバシーポリシー    クッキーポリシー

グラクソ・スミスクラインへ
This site is intended for audiences in Japan. Copyrights (C) GlaxoSmithKline K.K. All rights reserved.