サイトトップ お問い合わせ kusurigsk.jpサイトマップ
グラクソ・スミスクライン株式会社
kusurigsk.jp
くすりの使い方

ベンリスタ

kusurigsk.jpトップページ  >  ベンリスタ  >  ベンリスタについて  >  ベンリスタとは
 

ベンリスタとは

編集協力:
北海道大学大学院医学研究院 免疫・代謝内科学教室(内科II)
准教授 保田 晋助先生

ベンリスタの働き

ベンリスタは、生物学的製剤(抗体医薬品)に分類されるお薬です。SLEの患者さんの血液中にはBリンパ球刺激因子(BLyS:ブリス)というタンパク質が過剰に存在することにより、自分の体を攻撃する免疫細胞が産生されてしまうことが知られています。ベンリスタはBLySの働きを抑えることで、SLEの疾患活動性の抑制が期待できます。

通常の状態

SLEの状態

▲ページ最上部へ
ご利用条件    プライバシーポリシー    クッキーポリシー

グラクソ・スミスクラインへ
This site is intended for audiences in Japan. Copyrights (C) GlaxoSmithKline K.K. All rights reserved.